RED GLOBE

鋳物仕上げ中

先日鋳込んだ作品の修正と仕上げをしている。
作品の表面に黒く焼け付いて金ブラシで擦っても取れなかった焦げを
酸につけ込んで取る。
流れ込んだ金属熱で酸化皮膜が出来ていた。

通常希塩酸や希硫酸を使うらしいが、安直にサンポールでやってみた。
よく取れるのだが、パーツごとに色味が違う。
同じようにやったつもりでも基本化学物質の化学反応
つけ込む液の濃度や時間で変化が違う。
なんとかなるはず、、でもちょっと困った。
奥の家の色がいいのだが何しろ経験が浅い、色々試すしかないようだ。

そう、厳密に云うなら手前の2つと奥では溶かした炉も
1回目、2回目で微妙にブロンズの成分が違うかも。
彫刻はときに化学でもある。
、、、とか
かっこいいけど基本フィーリングです。

f0107315_18294443.jpg

[PR]
by red-globe | 2009-02-15 18:29 | 制作