RED GLOBE

スタートです

f0107315_9441215.jpg


個展始まりました。
今回のテーマは
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 枯木又プロジェクト2009」
の前哨戦となる個展。夏に行う作品の前振りです。

先に小学校の模型制作から始まって、それをブロンズ鋳造する、
そこからスタートしたため
全体の構想をまとめるのにとても時間がかかりました。
枯木又は「かれきまた」と読み、越後の山村集落の地名です。
そこにある廃校となった小学校再生、記憶の再燃をテーマとしているだけに
大阪の画廊で一体何をすればいいのか?何ができるのか?
随分葛藤しました。結果、まだ葛藤中。

自分自身の発想だけでなく現地から受けた刺激を自己投影する
枯木又は刺激的というより、むしろじんわりしみいるような懐かしいところですので
じゃあ、すぐにこうと決められない、時間をかけて抽出するあぶり出しのような
そういう表現になります。

だから、、ああ、まあお時間があれば是非観てください。(笑)
答えは答えでもなく、1つでもないようです。
[PR]
by red-globe | 2009-03-17 10:03 | 制作