RED GLOBE

キャッチ・ボールする?

f0107315_14155565.jpg


先日グラブを買った。
インドア派でスポーツが苦手な息子が
TVのニュースを観て勝った負けた云うようになった。
「おもしろそうやん、やってみたい。」
父親としては「おっ、きたか」 内心嬉しい。チャンス!

私も決して体育会系ではなく、高校までやっていたのも剣道
武道もスポーツだというなら、まあ嫌いではなかったが
「道」系の人は、得てして球技は苦手である。
しかもその後の進路は美術系に進み、スポーツとは縁遠くなるもの
それでも僕らの世代が必ず通ってきたのが野球である。
O Nの全盛期
少年時代は校庭、公園、刈り取りの終わった田んぼ
毎日日が沈むまで草野球に明け暮れていたから、
キャッチ・ボールは今でもやりたい。

息子が出来たら一緒にキャッチ・ボール は、
父親としての憧れでもあり願望でもある。
DSには眉をしかめてしまうが、これなら即買は
どこかで理想を求めているのかもしれない。

今時のグローブは色もお洒落で、モノもしっかりしている。
でもデザインは相変わらず、革紐の結び目があってハイパーでないのは
懐かしくもあり嬉しい。革のにおいと質感は素朴である。

キャッチ・ボールくらい出来なきゃ人生楽しめないよ。
ちなみに私は投打ともサウスポーである。
余談だが、「O N」とは王、長島のことで「O N 野球教室」とかいう本で
基本、ルールを学んだ。
今なら、、、誰なんだろう?

[PR]
by red-globe | 2009-06-16 15:16 | 心境