RED GLOBE

オープンキャンパス 入試事情

先日の日曜日はオープンキャンパスだった。
大学はサービス業ではないが、
この日は何処の大学でも営業色がでる。
受験生をお客さまだとすると、解りやすく親しみやすく
精一杯サービスしている。
最近の芸術系、デザイン系では
漫画を取り入れて解りやすくすることに抵抗はないようだ。
漫画というメディアの社会的地位が向上して
文化として評価、再認識され始めている。
事実、日本の漫画、アニメの世界的な人気を思うと
当然のように思う。

f0107315_18475013.jpg


こんな看板が学内のあちこちに立っていた。
私はほとんど漫画を読まない。
セリフと絵を同時に読み進める能力が弱いらしい。
ふと、ちゃんと読んだのか?不安になってページを振り返り
なかなか前に進まないから、さらっと読める人が羨ましくもなる。

漫画が看板になると、当然絵が大きい。
改めてそうなってみるとなんだか面白い。
そういえば、かつて映画館の壁には必ず大看板があって
封切り中の映画の宣伝があったものだが、
あの手描きの魅力にどことなく近い懐かしさがあった。
最近めっきりお目にかかれないけれど
あれって、今思うと町中でもかなり異色な存在だった。

そして、これもやっぱり異色である。
[PR]
by red-globe | 2009-06-25 18:47 | 業務