RED GLOBE

往復走破

以前書いたかもしれないが、京都ー枯木又(新潟十日町市)間は
ざっと500km以上ある。600kmに近い程遠い。
車でひた走っても6時間以上、しかも山間部でもある。

クロージングで訪れた11日早朝に彼は着いた。
何の前触れもなく、なぜかパンツ姿でもの静かに現れ、驚かされた。
若さは恐ろしい程に無謀で無計画、衝動的で不用心である。
とりあえず水浴びを済ませた彼は、とりあえず寝た。
名は Zono
自転車でやってきた。

皆が朝食をすませた昼前に起きたので、事情聴取
いや、聞きたいことが山ほどあったので会話を試みたが
無計画だから的を得ない。
昨日の朝から夜通し走って辿り着いたからか、
しばらく人と会話していなかったからか、
質問にうまく答えられないのである。
「いつ出たの?」
「すぐに出ないと間に合わないと思ったので、、」
「昨日の朝は何処にいたの?」
「ん、富山の、、マクドナルド。」
マクドナルドは全世界規模でフランチャイズされているから
こういった場合の答えには不向き、訊ねたのは、地名である。

ちゃんと記録するとか、日記つけるとかすれば
ちょっとした偉業かもしれないし、経験も身につき次の計画にも活かされる。
せめて地図とか、雨具とか、パンク修理セットとか、空気入れも
あるやん、準備って
全くない軽装。気負いも感じられない。
だから、できたのか?
いやあ、参った。

f0107315_13565969.jpg


「帰りは?どうするん?」
帰る前日に訊ねたら
「電車かな、、さすがに」
とか云ってたけど、自転車で帰っていった。
ご覧のとおり荷物が通学以下で、ほぼない。
なのに自転車カバーは持っている。
そうか、愛車は生命線だからなあ。
[PR]
by red-globe | 2009-09-18 14:28 | 心境