RED GLOBE

個展修了しました

f0107315_23554389.jpg

          遙か彼方から

          あの森の土の匂いを想起して
          湿った空気に包まれた
          あの森の記憶の小学校を呼び覚ます

f0107315_235933.jpg

          あそこにいたのは僅かばかりの時間だったのに
          以前からずっと佇んでいた気になった
          それは何かに導かれたに違いない

f0107315_044663.jpg

          貴方が覗いた窓から見上げた空は
          薄青く何処までも
          遙か無限に繋がっていたに違いない




今回の個展では
おおよそ会えるはずも無かった人と巡り会うことが出来た。
毎日居たわけではないから
偶然にしても、必然にしてもそういう出会いは出来すぎている。
作品を作り発表するということが
ただ自己満足の極致だと思えばそこまで、これ見よがしなだけ、空回りなだけ。
人に会うためだとすれば、何とも不思議な時間を過ごしたことになる。
随分長い時間、随分遠い時間がむしゃらに作ってきたけれど、
それがこう重ね重ねて、人を束ねて来たんだとすれば
続けてきた意味があったんだと思える。
だからまた、作ることが出来るんだとも思う。

[PR]
by red-globe | 2010-01-25 00:25 | 制作