RED GLOBE

見てないようでいて

昨日、小雨のなか卒展搬出
野外展示もあったので、雨降りはきつい。
そしてその後、恒例の追いコンである。
2月の始めに追い出しコンパは、大掃除も済んでいないし少し早い。
しかし、春休みは卒業前でなにかとやることが多いので
大学行事と重ねたこの時期が例年通りである。
きっと一人暮らししていた卒業生なら、引っ越しもあったり
思うところの多い時期なんだろう。

追いコンでは最近はもっぱら送る言葉のスピーチはなく、
卒業生を囲んで酒宴になる。
追い出す側の在学生は普段先輩を見ていないようでいて
実にうまくあれこれ考え、プレゼントを用意する。
似顔絵の入ったTシャツなんて、全く似ていないようで実は的を射ているから
失礼ながら愛用出来ないものも多く、それがまた愛されていていい。

私は卒業生の側から
「お世話になりました。」とこんなものを頂いた。

f0107315_18341555.jpg


某コーヒーショップの手作りタンブラーである。
ほら、ちゃんと見ている。
日頃「宇宙」だとか「宇宙人」だとか囃し立てていたから
宇宙人の私が木彫している。
日本地図もチクチク刺繍されていて凝っている。

f0107315_1846396.jpg


くるっと回すと、飛行機も家もあって、ひとつの宇宙がここにある。

作品を創ることが、授業や単位取得のための義務になると
それはノルマやストレスとなって重くのしかかることもあるだろう。
創作が、創造が、日常のちょっとした微笑みになったら
それに越したことはない。

ちなみに、コレで始めて飲んだものは
コーヒーではなくビールだった。
ありがとう。
[PR]
by red-globe | 2010-02-02 18:53 | 心境