RED GLOBE

興隆期

つい先日、先週は海にいたのに
それが、遙か彼方のように
もう一年前のことのように思える。
これは、歳月が経つのが早い、、ということではなく
逆に時間以上に物事が次々繰り広げられている
ということなんだろう。

それか痴呆が始まっていて、つい今し方のことを忘れ、
十年前のことと区別なく甦っているのかもしれない。

二十歳の時の十年前は十歳で
それが、今と混同するなんてことはまずない。
興味も知識も感情も、かなりかけ離れていて
その間に、身体的、肉体的、精神的成長があるはずで
そう簡単に混ざることはないだろう。
無理に例えるなら、カエルとオタマジャクシ
ひよこと鶏、毛虫と蝶のように
その世界を取り違えることはない。
なのに今、四十代のわたしは二十年前のことでも昨日のことでも
同じように思い出したりする。
逆に忘れることも出来る。

今、時間と記憶が同じ年表にうまく並ばないのは
一体どうなっているんだろう?

物事が起こり、盛んなことを興隆という。
似たようなことばで賑わい栄えることを繁栄という。
商売が繁盛している時、それはとにかく忙しい。
今は、そういう時なんだろうか?
それならいいのだけれど、空回りしていないだろうか?
カラカラと。

f0107315_1462211.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-05-11 01:59 | 心境