RED GLOBE

瀬戸内行き、2回目

週末はどうしようもなく混雑するとの噂を聞き
ウィークデイで決行した。

島巡りで一番苦労するのが、
連絡船の運航時間で予定をかなり左右されてしまう点
行きたい島に上手く行けなかったり、帰れなくなったりする。
会期末間近の平日でも人混みは避けられず、犬島断念
犬島行きは4往復しかないし、高松からの直通便はなく
豊島経由になる。

f0107315_23204513.jpg


初日直島に訪れて驚いたのがこちら
噂に聞いていた大竹伸朗/graf の作品である。

アートである以上、奇抜や場違いも魅力となり得るが
これは色々観てきた中でもワースト10に入るのではないか?
批判めいたことはあまり書きたくないが
これは仮設作品ではなく、建造物であるから今後もここに存在するはず。
これが自分の家の前に建ったとして、毎日眺めるとして、
こんな小さな島で、こんな狭い路地で、こんなことしていいのだろうか?
暴虐無人とはこういうことを差すのではないか?
と思ったほど、、あまりに、あんまりだった。
がっかり。
しかも、回りが若干つられておかしな感じになっている。
住民の同意なしにはあり得ないから、当然これでいいと納得の上で
成り立っているのだろうけれど、
残念ながら感動はなかった。

こういうのは、アミューズメント・パークやなんたらランド
テーマパークや博覧会でやればそれで充分だと思うのだが、
どうなんだろう?
[PR]
by red-globe | 2010-10-24 23:47 | 心境