RED GLOBE

瀬戸内行き、2回目 その2

実は、直島には大竹伸朗の作品が随所に存在する。
もう一つの家作品がこちら「はいしゃ」である。

f0107315_035169.jpg


この外観は昨日のあれとは随分異なり、ある種の均整が保たれていて納得できる。
廃品コラージュの面白さを感じる。
そう思うと、銭湯の方はむしろ真逆といえるので確信犯的な印象も受ける。
これまで直島で制作を積み重ねた結果、許された快挙だったのか
村民との深い同意、信頼関係、あるいは?
想像は膨らむのだが、どうやらこの島は新しいものや斬新なものに対しての
許容範囲が広いようだ。

そんな風に思ったのは作品からではなくここの役場を観たとき
過剰な装飾とイマイチ何を目指したのか解らない
統一感のなさ、、
そう、あの銭湯とどことなく共通点があるような気がした。
だとすれば、面白いのかも?
目指しているのは、竜宮城なのかな?とか

f0107315_046158.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-10-25 00:52 | 心境