RED GLOBE

酔いたい心境だったのか?

春から不本意ながらつまらないことで心がささくれてしまった。

そんなこんなで、酔いたい気分。発散したい
酔うというのは酒の話ではなく、音に、である。

磔磔にいった。思い起こすと20数年ぶりだった。
磔磔(たくたく)というのは、京都の老舗ライヴハウスである。
最後に観たのは確か憂歌団ではないか?そう思うと歴史的である。
あの頃と、いや、全盛期と風格も品位もしっかり伝承しているような
これは歴史遺産ではないか?と思えるところである。
そこで、今回は栗コーダカルテットを観た。
リコーダーを中心としたカルテット(四重奏)である。
NHK教育のピタゴラ・スイッチの曲やら、CMでも幅広く
ゆるい楽曲を奏でる、だがしかし、実力派のバンドである。

それが、凄く良かった。大人が楽しめる音楽である。
スタンディングではなく着席、ビール片手で笑いあり涙なし
聞くところだと結成17年だから、音も、人も完熟していて
心から楽しませる、酔える技量を感じさせた。
しかもボーダレスでお勧めできる
こういう音楽、音を奏でる人達が日本にいることを誇りに思った。

最近大人の独り遊びが楽しい。
日頃のウサ晴らしというとポジティブではないが、
人と接することが仕事だと(本当は自分に向き合うことが仕事だったんだけど)
独りの時間がどうしても、どうしても、どうしても
必要になってきている。
これが、充電中なのか放電中なのかは
よく解らないんだけども。

f0107315_232522100.jpg

[PR]
by red-globe | 2011-04-27 23:28 | 心境