RED GLOBE

開始か?

アトリエへ行く。
でもこれだけ暑いと、さすがにクリエイティブな感情がわかない。。
恒温動物にとって体温以上の気温はまいる。ダメー。

それでも、ちょっと型紙など作ってみた。
最近ハマりつつあるもの、というか、以前から作りたかったもの。
最終到達点はアコースティックギターだが、まずは手始めに
ハワイアンのこの弦楽器、作ってみたい。 ウクレレ

f0107315_23561989.jpg


きっかけは、娘がギターを弾かせろーとせがむので
でも、5歳の手にギターはなじまない。
そこで、先日誕生日にウクレレをプレゼントした。
正直これはギターではないけれど、ま、似てるということで。。

購入にあたり楽器店を探索、これがいけない、いや、楽しい(笑)
大抵のものはカタログやスペックを見るとおおよそ見当がつく。
そう、価格とグレードである。
ところがこの生楽器というヤツは(笑)いけない、いや、楽しい。
鳴らさないと絶対に解らない。
音の好みの問題が大部分をしめるから。

値段は高けりゃいいのか?
確かに高級感はあるが、丈夫だとか弾きやすいとか
音がどうだとかいうのとはちょっと違って、マニアの域に突入していく。
どんどん、どんどん。。楽器に限らない話だが…

で、じゃ安いのはどうなの?
気になるところだねえ(笑)
中国製になって、作りが粗雑になって合板になる。
音はどうなんでしょう?
合板は響かないのかというと、最近の合板は接着剤と高圧力で、ま、悪くはない。
しかし、
楽器店で販売されていてもオモチャの域は超えない。

それで、プレゼントに選んだのはオモチャです(笑)
ウクレレは実にチープな楽器で、そのペコッとしたところも魅力。


作るからには、オモチャを超えます!の心境。
うまくいくかな?
つづく
[PR]
by red-globe | 2007-08-14 01:06 | 制作