RED GLOBE

気質

自称ウクレレ作家の red globe です。
完成作品はまだ無いので、仮免教習中ですが(笑)
では、これまでの経過を順をおってお知らせしましょう。

f0107315_1501619.jpg

モールドの中でお休み中の側板。まだ接着していない2枚の板です。

f0107315_1535839.jpg

翌日フロント、エンドブロックの接着
フロントはネックの接合があるので大きめ、ここにブロック(角材)がいるのは
わかるけど、エンドにはいるのかな?お約束のように入っているけれど。
そこで、なるべく小さくしてみる。


f0107315_1593994.jpg

側板にライニングを接着
のりしろみたいなもので、表板、裏板との接合強度をあげるためのもの。


洗濯ばさみ攻撃、これが妙で、有名な Martin もこの洗濯ばさみを使っている。
プラスティックの市販品より力が弱くて、ほんとたよんないんだけど
そこがいいのか?傷がつかないからか?とりあえず真似てみた。
まじないとか縁起担ぎとかかもしれないし(笑)老舗のこだわり?

ウクレレのトップ・ブランドは Kamaka (カマカ)というハワイのメーカー
先日街に行ったときに楽器店でリサーチしてきた。
作りは実に粗雑というか大胆で、これならいける、だいぶ気が楽ーになった。
これがハワイアン気質ってヤツか、それであのサウンドか、中ものぞくと、、
なんと!ライニングが無いぞ!いいのか?ハワイアン!
ってことは。。側板がかなり厚いってことなのか?

まさか、これに限って忘れてましたーとかいうオチじゃないよね?
参考にしていいものか?日本人の私。

追記:記事にちょっと間違いがありました。
ライニングがないのはKamaka→Koaloha(コアロハ)で
こちらもハワイアン、ウクレレ3大メーカーのひとつです。
作りはさらに大胆不敵!おにぎり型のサウンド・ホールが目印で
音色はダイナミックです。こちらも魅力的!2007 8-31

[PR]
by red-globe | 2007-08-27 02:34 | 制作