RED GLOBE

かつての自分

個展で大阪通いの一週間、明日は休みですが
残すところ6日間となりました。

今回の作品は、実に素直にストレートに
気持ちに余裕のある展示になりました。
なんだか作品と一緒にいて楽です、何故だか?楽。
難しくないというか、子どものような自分です。

f0107315_23413155.jpg


作品構成は2点で一作品、ただそれだけの最小で最大の贅沢な空間です。
そこにはかつての、少年の自分がいます。
想像上の自分、懐かしい昭和の少年、半ズボンなんですよ
当時としては当たり前の光景ですが、
年中半ズボンの子どもなんて今じゃあり得なくなりました。
そんな格好をすすんでしていた訳でなく
それが心身鍛錬であるかのような風潮がありました。
今の子どもは風の子ではないんですよね。

時代と共にポリシーも変わります。
遊び方も学び方も育て方も変わります。
求められているのは強さではないように思います。
優しさでしょうか?賢さでしょうか?そつなさでしょうか?
どちらが正しいとか、今は間違っているとか
本当のところは正直、解りません。
だけど、不安が多いことだけは事実
こんなに恵まれた国が、見えない不確かさに怯えているのです。

[PR]
by red-globe | 2008-02-24 00:09 | 制作