RED GLOBE

寄贈品

小学5年になった息子の参観に行く。
小学校は今や興味深い場所
少年の記憶にある小学校と、大人になってからのそこは
随分違いがある。
まずはすべて子どもサイズで小さいことに驚く。

階段の踊り場で発見。何かあるぞ
随分高い位置で普段使うことのなさそうなもの。なんだろう?

f0107315_215139.jpg


近づいてよく見ると、、

f0107315_2153317.jpg


木製で「昭和三十九年度 卒業生寄贈」と書かれていて
なにやら蓋のようなものがある。
そうか、多分あれだな、、想像が膨らむと同時に
44年前のそれがとても気になる。あれだとすると、
まだ動いているのだろうか?
正確に刻んでいるのだろうか?

外から見よう!

寄贈品が44年前ならば築50年位、堂々としたしっかりした建築だ。
この外観に似合っているのだろうか?
壁を貫通させたくらいだから、仕掛けのあるものだろうか?
などと、



表に出て
振り返ってみて、、驚いた。

f0107315_2243538.jpg


な、ない。

後から埋められた煉瓦が真新しい影となり、キュートな丸になっていた。
横にある避雷針(だと思う)も、軒に開口がありこだわりがうかがえる。

[PR]
by red-globe | 2008-04-21 22:14 | 物件