RED GLOBE

44年目の夏なのです

f0107315_224462.jpg


太いのが4本と、細いのが4本。
私的なことだが、今日44回目の誕生日だった。
特別ではないが、想像出来ていないところまで
きてしまった気がする。

4月から職場を正職とし、これまでなんとか逃げながら
それが自由とか自分なりの何かだとグズグズと生きてきた私が
みんなが当たり前に背負ってきた重たいものの責任を
今更背負い直してみると、やっぱり軽くはないようで
自問自答を繰り返している。

楽になりたいと心底思ったことはなく
かといって苦労ばかり重ねてきたわけでもないし
自分の出来ることが、少しでも誰かのたしになればいい
これから未来のある人達を、少しでも勇気づけてあげられればいい
そんな風に思えるようになってきた。

最近イライラしていたことに
自分の制作がままならない、、という最低の日々があって、
どうにかしたいと思いあれこれ考えていたが、
締め切り間近で慌てふためく学生のために
今日は日曜だというのに朝から大学に行って
工房を開けていろいろ手伝ったりアドバイスしたりしてきた。
合間に小さな制作も少し出来た。

それだけなのに、
この暑い37度の京都で、クーラーもない環境で、
ベタベタになりながらバタバタと作る情熱みたいなものと
一日つきあっていると辛くなんかちっともなくて
むしろ心地よい疲労感で気分よくなってきた。

そう、ただそれだけなのに。
だからもの作りは本当楽しい。
簡単には負けられない。
簡単には曲げられない。

[PR]
by red-globe | 2008-07-20 22:36 | 心境