RED GLOBE

9月末

早い。9月末です。
うちのカレンダーは今週から10月になっていて
一週目の余白に今日のことも書き込まれている。
10月が来ると、後三ヶ月で08年が暮れてしまう。

こと今週になって、寒いと思う気候になった。
みんな一気に秋色の出で立ちで、Tシャツとはおさらばしてしまった。



私は車が好きだと云う程でもなく、そんなに興味のない方だと思っていた。
車種やスペックにも詳しくないし、洗車も嫌いだ。
靴磨きの方がずっと専念できるくらいだ。
道具であり愛でる対象ではない。

ただ最近本当に雑多な業務に追われ、職場と家を往復し
その職場と家の往復が徒歩か自転車だから
車を運転する機会が減っている。

ガソリンが高騰し、時代もエコだからそれはそれで良いことだ。
いろんなリスクも避けられる。
昨年までは滋賀県まで、片道40分掛けて自動車通勤していたから
それと比べると全くと云っていい程運転していない。
脱自動車、それで気づいたことがある。

週に一度アトリエに行くときに45分、帰りに40分
山道を走るととても気が晴れる。
行き先が自由であることも大きい。
帰ってくると解放された顔をしている、、なんて云われる。
かと云って「趣味はドライブ」なんて云うのとは程遠いと思う。
こういうのはドライブとは云わないのだ。きっと

気が晴れる理由は、その移動時の車中、
個室の密室で過ごせて音楽に集中できること
そして何よりも考え、思い巡らせる時間を過ごせることである。
ものを考えるには最適の場所が運転中の車中なのである。

電車では駄目、駅の雑踏や車内アナウンス、
人間観察に気を取られて集中出来ない。
匂いにもかなり敏感なので、場合によっては酷く苦痛である。
そのせいもあって電車は指定席より
逃げることの出来る自由席を選ぶ位だ。
運転中の構想は最良の時間で
作品プランを練りながら行き、次の段取りを考えながら帰る。
それが減っているのだから、道理で仕事が嫌になるわけだ。

そんな話を、今日は同僚の先生に話し
共感を得られて何だか充実してしまった。
そんなたわいもないことが、ちょっといい。
走りたい。飛ぶほど。

[PR]
by red-globe | 2008-09-30 01:22 | 心境