RED GLOBE

カテゴリ:心境( 116 )

見てないようでいて

昨日、小雨のなか卒展搬出
野外展示もあったので、雨降りはきつい。
そしてその後、恒例の追いコンである。
2月の始めに追い出しコンパは、大掃除も済んでいないし少し早い。
しかし、春休みは卒業前でなにかとやることが多いので
大学行事と重ねたこの時期が例年通りである。
きっと一人暮らししていた卒業生なら、引っ越しもあったり
思うところの多い時期なんだろう。

追いコンでは最近はもっぱら送る言葉のスピーチはなく、
卒業生を囲んで酒宴になる。
追い出す側の在学生は普段先輩を見ていないようでいて
実にうまくあれこれ考え、プレゼントを用意する。
似顔絵の入ったTシャツなんて、全く似ていないようで実は的を射ているから
失礼ながら愛用出来ないものも多く、それがまた愛されていていい。

私は卒業生の側から
「お世話になりました。」とこんなものを頂いた。

f0107315_18341555.jpg


某コーヒーショップの手作りタンブラーである。
ほら、ちゃんと見ている。
日頃「宇宙」だとか「宇宙人」だとか囃し立てていたから
宇宙人の私が木彫している。
日本地図もチクチク刺繍されていて凝っている。

f0107315_1846396.jpg


くるっと回すと、飛行機も家もあって、ひとつの宇宙がここにある。

作品を創ることが、授業や単位取得のための義務になると
それはノルマやストレスとなって重くのしかかることもあるだろう。
創作が、創造が、日常のちょっとした微笑みになったら
それに越したことはない。

ちなみに、コレで始めて飲んだものは
コーヒーではなくビールだった。
ありがとう。
[PR]
by red-globe | 2010-02-02 18:53 | 心境

ご時世

ボーナスシーズンでもあり、ワイドショー観るのが辛い。
「今年のボーナスは?」
下向きの矢印のボードをカメラに向けるサラリーマン [-20%減]
そんなつもりであくせく働いてきた訳じゃなのに受け入れざるを得ない現実
悲壮。

もったいない主義で最近ネット・オークションを眺めることが多い。
趣味性の高いものはちゃんと競っているし、より良いものを求めている
趣味は景気と無縁だと思う。
逆に、衣類、雑貨類は少しでも高いと、全く引き合いがなくすきま風が吹いている。
(少しでも安く)落とせるところにはシビアである。
景気の動向が垣間見られる感じ、そんなご時世である。

そんななかで、ちゃんと就職を選んできた学生は
つくづく偉いと思う。
お金は現実的でつまらないものではなく、未来への希望と夢を繋ぐ糧
そして、お金で買えないものは何か?考えて欲しいと思う。
モノが売れないと不況になるのが資本主義の原理
でも、育てるとか、産み出すことを評価しないと、人として生きる意味がない。
縄文時代のように。
何も売らなくても生きられた時代を
今より文明が低く、原始的だと卑下出来ない むしろ人間的。

たとえ初任給が気持ちに合わなくても
そこから階段を上がるように一歩づつ進んでいければ本望
下から上を目指す方が、上から落ちて行くより遙かにいい。
それすら危うい平行線なら、もうこんな国に見切りをつけなきゃ
人生いくらあっても足りない。
今ならまだ間に合う、どう生きようかな?

f0107315_23311765.jpg

画像は鞍馬寺山門
この「寺」の字が、「大入」や「大人」に見えてならない
「寺」はそういう意味じゃないよね?

[PR]
by red-globe | 2009-12-14 23:43 | 心境

12月だというのに

今日は冷え込んだが、それでも12月とは思えない気候
紅葉も長持ちしているし、これだけ暖かいと師走の気分になれない。

そのせいか、例年になく学生の動きも遅い、、気がする。
卒業制作だとか、進級制作だとか
工房が込み出す時期に運悪く(というか、甘い計画で)
個展の制作が重なっている。
そして、こちらもスローペースでなかなか作れないでいた。

理由の一つは、夏の越後妻有、枯木又プロジェクトの未消化である。
自分の作品発表のスタイルはギャラリーの個展が多い。
だから、作品展示と向き合うのは1週間から2週間
14日間そこで眺め、感じ、次への構想を想う
だから、良くても悪くても後味は悪くない、消化がいい。
ところがこの夏は50日間+秋版の52日間
もう、お腹いっぱい味わってしまった。

何度行ったことか、そして撤収を春まで先延ばしにしたから
作品はまだあそこにある。
これが常設だとか、恒久的な作品なら別の安心感があるが、
まだ終わっていないことの不安定がつきまとう。

そりゃもたれる、そのはずである。

なんとか次、制作を開始したら
思ったよりサクサクと進んでいる。
悩むより動け、反省より行動である。

f0107315_1201814.jpg

画像はいつかの琵琶湖畔、秋だろうか?
[PR]
by red-globe | 2009-12-08 01:24 | 心境

流行到来

f0107315_22385364.jpg


我が家にも今年の流行がやってきた。
今週、6年生の息子のクラスは学級閉鎖になった。
その原因となる流行に息子もかかっている。
息子が持ち帰った流行は、3歳のまめたんにも感染し
てんやわんやの一週間だった。

上の子はリレンザ、3歳はタミフルである。
タミフルは副作用の可能性があり
「原則的に10代には使用禁止」だからとか。

先日行われた大学の推薦入試でも
随分前から周到にインフルエンザ対策が組まれており
気分のすぐれないものには
医療チームと別室受験が用意されていたり、
事前連絡で再試験も可能だったり
至れり尽くせりの策が講じられていた。

結果、予想以上に欠席者も不調者も少なかったのは、なにより
でも、情報って混乱を招くこともあり
あっけない感もあった。

画像はリレンザの投薬器具
なんだかお洒落なかたちである。
この中にアルミ製の円盤をいれ、プチっとして粉薬をだしスーハーする。
喉の粘膜に直で効かす為なんだとか、、
ロゴがいかにも製薬会社って感じで、おー舶来品
なんて見とれてしまった。


二人は今日から元気になってきました。
[PR]
by red-globe | 2009-11-26 22:49 | 心境

黒米稲刈り

f0107315_2285052.jpg


いつのまに、誰がそう呼んだか、シルバーウイークに
分校と宿泊施設を片付けがてら枯木又へ、
前回が10〜13日なので毎週の勢いである。
今回は時期を合わせて、稲刈り体験のメニューもあった。
古代米、黒米の収穫である。

小さな田んぼ、3つ
基本はコンバインが登場するのでアシスト程度の仕事
秋空の下、畦に腰掛けて眺めるのもなかなか風情があった。
米食って生きて来たのに、米作ったことない人生の片手堕ちを
ほんの少し改善、田んぼに鎌持って入り、汗かいて
つかの間の体験が出来たのはまあ良いことだ。

f0107315_22213858.jpg


こっちの画像は「働くくるま」好きの息子への
せめてものお土産
「これ、とーさんの?」「いや、、、ちがうけど」
などと云いつつ、「かっこいいなあー」と2人ハモって眺めた。
正直、無骨で無敵の機能美はカッコイイものだ。
こんなんで、地面に絵描くような大きな仕事、
してみたいよなあ。
[PR]
by red-globe | 2009-09-24 22:26 | 心境

往復走破

以前書いたかもしれないが、京都ー枯木又(新潟十日町市)間は
ざっと500km以上ある。600kmに近い程遠い。
車でひた走っても6時間以上、しかも山間部でもある。

クロージングで訪れた11日早朝に彼は着いた。
何の前触れもなく、なぜかパンツ姿でもの静かに現れ、驚かされた。
若さは恐ろしい程に無謀で無計画、衝動的で不用心である。
とりあえず水浴びを済ませた彼は、とりあえず寝た。
名は Zono
自転車でやってきた。

皆が朝食をすませた昼前に起きたので、事情聴取
いや、聞きたいことが山ほどあったので会話を試みたが
無計画だから的を得ない。
昨日の朝から夜通し走って辿り着いたからか、
しばらく人と会話していなかったからか、
質問にうまく答えられないのである。
「いつ出たの?」
「すぐに出ないと間に合わないと思ったので、、」
「昨日の朝は何処にいたの?」
「ん、富山の、、マクドナルド。」
マクドナルドは全世界規模でフランチャイズされているから
こういった場合の答えには不向き、訊ねたのは、地名である。

ちゃんと記録するとか、日記つけるとかすれば
ちょっとした偉業かもしれないし、経験も身につき次の計画にも活かされる。
せめて地図とか、雨具とか、パンク修理セットとか、空気入れも
あるやん、準備って
全くない軽装。気負いも感じられない。
だから、できたのか?
いやあ、参った。

f0107315_13565969.jpg


「帰りは?どうするん?」
帰る前日に訊ねたら
「電車かな、、さすがに」
とか云ってたけど、自転車で帰っていった。
ご覧のとおり荷物が通学以下で、ほぼない。
なのに自転車カバーは持っている。
そうか、愛車は生命線だからなあ。
[PR]
by red-globe | 2009-09-18 14:28 | 心境

晴れ舞台

先週土曜日、早くも運動会だった。
一番下の3歳にとっての初、晴れ舞台である。
ちっちゃなグランドを駆け回るちっちゃな存在に向けられる熱い視線
終始笑顔で答えてくれたが、速い方がいい、勝ちたいなんて
順位を争う闘争心のかけらもなく、ただ楽しんでいる様子は
なんとも微笑ましい。
親として、そこらへん、、もうちょっとなんとかならないか
は欲なんだろうか?

f0107315_18422067.jpg


そういえばちっちゃくはないが、ずーと気がかりな未完の不二
ようやく完成した様子。

いよいよ「カレキマタ」も5日後にクロージングを迎える。
枯木又プロジェクト日記
[PR]
by red-globe | 2009-09-08 18:48 | 心境

キャッチ・ボールする?

f0107315_14155565.jpg


先日グラブを買った。
インドア派でスポーツが苦手な息子が
TVのニュースを観て勝った負けた云うようになった。
「おもしろそうやん、やってみたい。」
父親としては「おっ、きたか」 内心嬉しい。チャンス!

私も決して体育会系ではなく、高校までやっていたのも剣道
武道もスポーツだというなら、まあ嫌いではなかったが
「道」系の人は、得てして球技は苦手である。
しかもその後の進路は美術系に進み、スポーツとは縁遠くなるもの
それでも僕らの世代が必ず通ってきたのが野球である。
O Nの全盛期
少年時代は校庭、公園、刈り取りの終わった田んぼ
毎日日が沈むまで草野球に明け暮れていたから、
キャッチ・ボールは今でもやりたい。

息子が出来たら一緒にキャッチ・ボール は、
父親としての憧れでもあり願望でもある。
DSには眉をしかめてしまうが、これなら即買は
どこかで理想を求めているのかもしれない。

今時のグローブは色もお洒落で、モノもしっかりしている。
でもデザインは相変わらず、革紐の結び目があってハイパーでないのは
懐かしくもあり嬉しい。革のにおいと質感は素朴である。

キャッチ・ボールくらい出来なきゃ人生楽しめないよ。
ちなみに私は投打ともサウスポーである。
余談だが、「O N」とは王、長島のことで「O N 野球教室」とかいう本で
基本、ルールを学んだ。
今なら、、、誰なんだろう?

[PR]
by red-globe | 2009-06-16 15:16 | 心境

GW事情

GW、ゴールデン・ウイークをいかがお過ごしでしょうか。
連休といえば、家庭持ちに取っては貴重なファミリー・ディ
一年で最も過ごしやすく、気候がよいこの時期を
家族でどう過ごすかが、
普段どんなに仕事であくせくしていても
(あるいは遊んでいても)
身勝手していても、評価基準になる肝心な日である。
なのに、、、なのである。

明日から枯木又へ行かなきゃならない。
とても重要な会議が入ってしまった
よりによって、このGWに。。ど真ん中に。。困る。

前々から「キャンプしようよ」なんて云っていたから
子ども達も本気でその気で、引くに引けない。
だから金曜5時頃までキッチリ仕事をして、
とんで帰って、キャンプへゴーである。
ついたのが9時。夜中。真っ暗闇でテントを張って
しっかり遊んできた。強行スケジュールである。

さすがに金曜の夜中に乗り込むファミリーは誰もなく
キャンプ場は貸し切り状態、今日から4日間は満員だという。
人混みが苦手な私には好都合で
楽しんできたが、家族にはややヘビィだったようだ。

仕方ないよ、
このご時世に仕事にせよ遊びにせよ
制作にせよ、忙しいとか多忙とかって
ラッキーなんだよ、ほんと
うらやましいがるよ、みんな、、
って、誰に媚びているのか(笑)
今度は余裕もって、今回不足だった用具も更に買い込んで
フル装備でまた行こうぜ。
よろしく。

f0107315_2223257.jpg


キャンプも車に何でもかんでも積み込んで
横付けとかって楽な方
車が普段より凛々しく見える。
今回初登場の天井乗せカーキャリアラックは便利!
キャンプには最高のラゲッジ・スペースでした。

[PR]
by red-globe | 2009-05-02 22:34 | 心境

お山ー浄域ースピリチュアル

f0107315_2348184.jpg


この3日間、毎朝お山に参っている。
信心からか?
いや、それも否定しないが、一番下の子がいよいよなのである
そう、入園。そしてその先は鞍馬山保育園なのである。
そして、慣らし期間で園まで送り届けている。

ここはやはり特別である、ピリピリと五感に来るのである。
どちらかというとお寺は得意ではない。
山寺はどっちが先かといえば、
まずお山があってそこに人が感じ得るものがあって
だから修行したり籠もったりしたのだと思うのだが、
そう言う自然信仰は大いに理解できる。お寺はたぶん後付である。

そして、ここは、その立場というか領域をちゃんと踏まえている
数少ないお山でもある。
宗派、階層、派閥、そんな陳腐なことより
自然が世界を繋いでいることを心得ている場である。

だからあえて「お山」といってみる。

f0107315_055817.jpg

[PR]
by red-globe | 2009-04-11 00:08 | 心境