RED GLOBE

<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

続・新々

国立新美術館を後にして、次、あそこに行きます。
そう、ご存じ HILLS も同じエリア、六本木にあります。

f0107315_18315474.jpg


東京はすでに桜満開。
[PR]
by red-globe | 2008-03-31 18:33 | 物件

新々

f0107315_0214458.jpg


国立新美術館がこれまでと少し違うところは
 コレクションを持たず、(収蔵品なし)
 国内最大級の展示スペース(14,000m2)を生かした多彩な展覧会の開催、
 美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、
 アートセンターとしての役割を果たす、新しいタイプの美術館
、、らしい。
(ホームページから抜粋)
いろんな展覧会が同時多発していた。

だからちょっと気になっていて見に行ってきたわけです。
僕が観たのは ARTIST FILE 2008 というアニュアルで
最近の動向を探りつつ、勉強しつつ、遊びつつ、探検観光。

f0107315_0202340.jpg


広々とした現代建築は、それでなくても天井高の高い3F部分まで
吹き抜けていて、こんなに俯瞰できて
建築費とかランニング・コストとか、経済性とか抜きにすれば
かなり楽しめる。楽しめました、トーキョウ・スゴイ!
床板だけでもゴージャス!
[PR]
by red-globe | 2008-03-31 00:28 | 物件

行ってきました、東京。
国立と美術館の間に「新」のはいる変わったネーミング
国立新美術館。
いつまでも新しいとは限らない、いつかは旧とか、かつてのとか云われる
そういう時の流れに逆らうかのようなこの名前
どういう経緯でつけられたのだろうか。
ちなみに英字表記では The National Art Center,Tokyo
New も Neo も入っていない。

f0107315_2115642.jpg


最寄り駅は東京メトロ千代田線乃木坂駅から直結で
このモダンな地下道で、なかなかやるなぁ、かっこいい。
しばらくぶりの東京は新名所と新路線でかなり戸惑う。
都営地下鉄というネーミングと東京メトロの混在も
錯乱させるし何処から何処に繋がるかが、ちょっと解りにくい。
つまりいろんな行き方があって、選択肢が多いから戸惑う。
でも結果、列車本数も多いから正解がなく失敗も少ない。

f0107315_21163150.jpg


中身は超モダン。カフェも多く長い時間くつろぐにはいい感じ。
気持ちのいい大空間である。
この逆さ円筒形と硝子張りのデザインは京都駅ビルにも近いが
同じ建築家による設計だろうか?一種の流行り?
ちょっと調べてみるとこちらは黒川紀章
京都駅は原広司、別だった。

続く
[PR]
by red-globe | 2008-03-29 21:24 | 物件

30° 45° 60°

ただの遊具である。
手前から傾斜が30° 45° 60° と書かれている。
そうなると何処か物理学的に見えてしまう。

f0107315_2373553.jpg


一人で上がるなら一番奥の60度、上までの距離は一番近い。
クライミングのようで登った感もあるし断然これ、選びたい。

でも背中に背負ったら、しかもそれがとても大切なものなら、
手前の30度で、この距離をそれでもキツい、辛いと云いながら登るのか?
一緒に登ろう、なんて云いながら真ん中位で頑張るのか?
逆に上から堕ちてくるなら、30度で滑り台程度、軟着陸したい。。

などと
人生感じて途方もないことを想い巡らしてしまうと
これはもう哲学である。

はっ、(我に返り)
ただの遊具、そうただの遊具である。
並べて三択だからいろいろ思うよ。(笑)
回りによその家族とかいるから余計と思うよ。

[PR]
by red-globe | 2008-03-24 23:30 | 物件

松井くん

f0107315_2215610.jpg


松井君である。
今や「世界の」がつくほどの、「MATSUI」と英字表記されるほどの彼
ユニフォームではないからまだしも、かといってモーニング姿で
これはどうかと思った。

某大手フード・チェーン店舗店頭にあった垂れ幕。
と言うことは日本全国津々浦々にこの姿を晒しているわけだ。
それにしても
どんぶりがちっちゃく見えるよね、並?

特に彼のファンでもないし、特に応援したこともないが
やっぱり仕事は選ぶべきではなかったのか?
いや、こちらの店舗がどうだと言う気はないけれど、、
いや、いくらの契約かなんてどうだっていいけれど、、
やっぱりちゃんと選ばなきゃ、一流なんだから。
プライド?
、、、なんて云えた義理じゃないか


とにかく、本業がんばれ。
[PR]
by red-globe | 2008-03-22 22:32 | 物件

HIDE

Hide は英語で隠れるの意味。
f0107315_214717100.jpg


英語の苦手な私のつまずいた理由のひとつが Mike, Take, Hide

中一初めての英語の教科書にそれはいきなり登場した。
主人公の名は Mike 。マイクは June ジェーンの友達だった。
小学校でローマ字を習っていた少年は Mike=マイクの理解に苦しむ。
じゃ「うちのネコの名前はミケです。」ならば英語で
ミケ=Mike とはならないのか?タケさん、ヒデさんは?どうなるのだろう?
英語の発音法則がローマ字とは別、、として
日本人の多くが自身の名前をローマ字書きするが、正しく発声してもらえないのでは?
それでもいいものか?

根本的に、英語を学ぶ以前のところでつまずいてしまい
迷宮に迷い込んでしまった少年は、初日からアウトでした(笑)

テニス・ウィンブルドンで伊達公子が英国人にコールされたのを聞いたら
やっぱり DATE はデァーテとダテでもデートでもない微妙な発音となっていたのも
印象的。
エレナ・ドキッチ(Jelena Dokić)というユーゴ出身の選手も
英語発音ではドキックだったり聞いたままでドケッチだったりしたけれど
カタカナ表記ではドキッチに統一。始めはアナウンサー、ドケッチって云ってて
ドケチはないやろ、、と心ならずも思っていた。


f0107315_2158716.jpg


桜の木で春に潜むもの、発見できましたか?
[PR]
by red-globe | 2008-03-18 22:00 | 情景

花柄日和

f0107315_2373167.jpg


卒業式が終わり、追いコンがあって
今週最後の会議があって、来週新しい会議がある。

f0107315_2592856.jpg


3月から4月は一年で一番不安になる季節
心境と裏腹に季節の花模様は
テーブルクロスかお弁当包みにしたいほどに今を咲かす。
[PR]
by red-globe | 2008-03-17 03:07 | 情景

RED GLOBE

このブログのタイトルである RED GLOBE とは
私の作品名である。
ロゴ画像に使っている楕円の赤い地球である。2006年3月制作
サイズ:1300×1300×900 表面はコンテで描画しています。

f0107315_23034.jpg


作品展では過去の作品を集約したポートフォリオをおいているが、
「どうやって作ったのか?」という質問が多いのがこの作品。
そう、画像だけでは解りにくい素材と制作方法。
紙とか布だと思われがちだが、木。中も気になるらしい。
そこで、、特別に(笑)中、お見せしよう。

f0107315_231285.jpg


中は中空で、何も支えのない殻の状態
パーツは右奥に写っている円弧になったゲージに挟んで作った。
厚さ4ミリのシナ曲げベニヤを2枚重ね、繋いでいくとこうなる。
ここまでは半分で12パーツ、すべて合わせると24パーツ
机の下にちらっと残りのパーツが見える。

もの作りをされている方なら想像がつくでしょう。
こうやれば球に出来る、しかも強いということ。
想像できてもじゃあ本当に出来るか?
それはやるしかない、やってみるしかない。

それで、上手くいったときの作品には
制作行程でもこのままでいいような美しさが
あったりするものです。
[PR]
by red-globe | 2008-03-14 02:52 | 制作

なんなんだか

こんなに弱小ブログをどういうわけかねらい打ちしてくる
アダルト系のコメントが日々多数。

防ぐ上手い手立てもなく、毎回削除するのもへきへきします。
そういうことで、コメント覧は閉じることにしました。
そうなると一方通行になってしまいますが、
そこは行き止まりではないので記事のアップはもう少し続けてみます。

これからもよろしくお願いいたします。

[PR]
by red-globe | 2008-03-12 22:49 | 心境

帰ってくるツボ

完成設置からどれくらいたったのか?と思って過去記事をチェック
こういう時にブログやってて良かったと実感。
あった!1年5ヶ月のオオサカン風雨にさらされたツボが今日帰路についた。

期間限定の野外設置で今日搬出作業。
ちょっといい感じに経年変化したツボが帰ってくることに。
駐車場でも馴染む気配なく異様な空気が漂って。。
f0107315_2341143.jpg


ブログ振り返るとまだ2年、なのにこの2年の作品量は半端じゃなく多い。
量より質、、と云われそうだが、質も(いいよねえ)と心の声。

仕事(業務)と制作の両立が何より大事 といろんな先輩作家から忠告を頂く。
そう、所詮造形作家志願でここまできた以上、今更ツブシもきかないし
何処かで野垂れ死んでも本望と思ってやってきた覚悟はある。
家族は、、どうかな(笑)そこが辛いとこ。

でも、すでに崖っぷちの棘の道、ここまで付き合わせてしまって
えらいよ。
この道はさらに続くのです。が。

ちっちゃくまとまるなよ。
[PR]
by red-globe | 2008-03-11 23:47 | 作品