RED GLOBE

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年の瀬事情2

(昨日の続き)
バイトは2年間、この店はあえて珈琲店と記すとおりこだわりを持っていた。
自家焙煎、自社ブランドのコーヒで店舗展開をしたいという
女将さんの野望かあった。
コーヒーをコーヒと書くのもちょっとしたこだわりのようで
京都にコーヒと記す老舗が他にもいくつかあったので
そこを手本にしていたのかもしれない。
当時2店舗、もう一つは若向きのカフェ仕立てで主にマスター(息子)
が営業していた。
私は3ヶ月目からは平日そちらに入り、日曜の忙しい日は本店に入る
というシフトになった。

当時1杯300円程のコーヒで20席くらいしかない本店は
その日曜、多いときには1日20万円を売り上げる。
朝から家族連れの常連さんが、単価の高いミックス・サンド
ミックス・ジュースなどを子達に振る舞うからである。
それに引き替え、マスターの店は10万を超えることはない。
マスターは女将さんにはまるで頭が上がらず
普段も「どこにいったのか?」解らないくらい店をバイト任せにしていた。

「吉野くん、知ってるか?お水のこと何て云うか?」
「さあ?おひやですか?」
「お客さんが来たらすぐ後を追いかけて出すからチェスターっていうんや。
追跡者の意味。ほら、チェスター2つ。」
 業界用語らしいが追跡者ならチェイサーだ。
「店の横に止めてある原付、誰のや?邪魔やがな、おい、マジック持ってきて。」
「はい」
『阪神タイガース優勝!』
え、いいんですか?そんなの勝手に書いて、、
そんなマスターであった。

商売のことと無縁に育った私だったから
今思ってもこういう商売人銭勘定のことはよく解らない。
ものを売ったり、サービスを提供してお金を稼ぐ方法は
なんだか次元の違う世界のようで、そういう現場の成功法というのにも
あまり興味がない。
バイトを通してそんな世界の人達にふれ、
世の中の企業という組織のすべてが営利目的で、利潤を追求している現実
私のやっていることとの隙間をうまく埋められずに
ずっと生きてきた。

この年末、多くの派遣社員や期間労働者が路頭に迷うと
新聞が報じている。
景気という実態のない風のようなもので
まじめにやっていても仕事を失ってしまうことが現実。
昨年まで私も、非常勤や任期の限られた職にしか就いてこなかっただけに
今まで良くもこうやって生きてこれたな、
随分甘い考えだったな、、なんて
でもやっぱり、夢を追いかけて生きようとしている人に
面と向かって「現実を直視しろ」とはなかなか云えない。

掃除していると色々思い出したりした。
どうやって生きるか?なにが一番大切なのか?
いつか理想が現実を越えられる時がくるのだろうか?

皆さん、良いお年を。
I Love You


f0107315_2236544.jpg

[PR]
by red-globe | 2008-12-31 18:32 | 心境

年の瀬事情

実家に帰ることのない我が家の、年の瀬行事 大掃除。
主立った仕事は窓拭きである。
掃除を夢中になってやっていると、いつになく頭が空っぽになって
なんだか色々考えたり、思い出したり。

息子に掃除を教えろ(指示しろ)と云われて
教えることについて考えた。
普段教える仕事をしているから良く解っているつもりだけど
そもそも私は彫刻を習ったことがあっただろうか?(掃除もだが、、)
技術の継承、考え方の指導、それが教えるということなのか?
昔の職人は「見て盗め」なんて云ってた時もあったが
今でも大半はそう変わりないのではないだろうか?
知らない者には云っても解らない。どんなに上手く説明しても
経験がなければ未知の世界を全くイメージ出来ないだろう。
そうすると、やっぱり百聞は一見にしかず
TVの料理番組と一緒で、こうやるんだとやって示すしかない。

普段教えて下さいなんて云われると、
代わりにやって、手伝ってやって、つい無言でテキパキとこなしていて
「あ、俺のじゃない」と気づき、あわてて「やってみる?」とか云っている。
これを言葉で指導するなら、
「あ、そこ」「そうじゃないだろ」「早く」「なにやってんだ」「こら」
そんで最後に「ばかやろう」だ。
そう、指導ではなく罵声になり、今の時代ならおそらくアウト!である。

でもやりながら、(手伝いながら)こんなんでいいのか?
とか、思う。
要は教える側より習う側が、本気に学ぶ気なると
「黙ってみてろ」 ただ見せるだけで大体伝わって、
勘のいいやつはすぐに上手くやっていて、後で安心したりする。
教える側の技量は教わる側の力量に委ねられている。
習う気のないヤツにはいくら云っても、やって見せても
どこか上の空である。
単位、成績、そして落第なんて問題はここのところにあって
来ないヤツを電話で呼び出して、精々親身になって言える言葉は
「合わないなら辞めた方がいいよ」である。
さて、これもなかなか云ってはならない一言なのかもしれないが。

掃除で思い出したのが、学生時代(準学生時代)=浪人時代の話だが
珈琲店でバイトしていた時に
そこのオーナーは女性で、まあよく気の利く女将さんだった。
ぼーっと休んでいる間はない、次から次に仕事を指示する人だった。
少し客足が途絶えると、「ちょっと、入り口の硝子拭いて」とか
「今のうちに表掃いてきて」とか、こきつかうのである。
それでいて、「ちょっと、」と呼ばれ(内心またか、、)急いで行くと
レジから小銭出して「これで休憩しておいで」なんて云う。
勿論、休憩なんかゆっくり出来ない感じだし、
珈琲店の休憩で喫茶店に行く訳にもいかない。(これでは休憩じゃない。)
店で上手いコーヒを毎日ご馳走になっているから缶コーヒーなんて全く違うし
なんとなく辺りを一周して帰ってくるしか無かった。

コーヒの点て方は教えてくれなかったが、硝子の拭き方、掃除の仕方
コーヒ豆の計り方、レモンの絞り方、色々教わった気がする。
だが、同じような方法で誰かに教えられるか?というと
スタイルが違い、私には彼女の方法では教えられないだろう。
いつも「よくやってくれる」と誉めてくれはしたが
何処か威圧的で、いつも監視されているような感じだったし
あまり気持ちよく積極的に働いた気分になれなかったからである。

(続きは後日)

画像は今日の餅つき(餅つき機編)
f0107315_23331127.jpg

[PR]
by red-globe | 2008-12-30 21:06 | 心境

年賀状作成

毎年のことながら、毎年遅くなっているのが年賀状作成である。
おそらくクリスマスに気合いが入るほど遅くなる。
時期がダブルのである。そして遅くなると次、餅つきなんかとダブル。

少年の頃から年賀状=木版画で随分やってきた。
しかし、時代と共に版画〜パソコンへ移り変わってくる。
ひとつには対応不可能な数である。
版画は精々100枚が華、100を越えると版木は大丈夫なのだが刷りが辛い。。
版画の醍醐味は多版多色刷り、同じ作業を延々3〜400回は限界である。
もう1点あげるなら、木版は紙を選ぶ。
和紙は実に相性がよく刷り上がりも見事なのだが、
年賀はがきは本当に刷りにくい。
日本の年賀状にこだわりの日本の紙、和紙バージョンはいかがでしょう?
日本郵便さん、ちょっと考えといて欲しい。
毛筆派、絵手紙派、版画派、、それなりに需要があると思うのだが、、
(市販品はあるのだが、年賀状の価値はあのお年玉付きはがきにもあるし)

とか云いながら、版画派を辞めてもう8年くらいになるが。
我が家ではパソコンに異存しながらも、手書き風を目指しているので
スキャンしてーPhotoshopーIllustratorープリンターの一連の流れは
それぞれのソフト練習にはかなり役立ち、上達させて頂いた。
気がつくと「09年賀状」フォルダの中にはこんなに、、

f0107315_0521811.jpg


気がつくと保存書類の山である。
家族も多いし、バージョンも多い。
上の息子なんて、「あ、出来たしヨロシク。」
ヘンテコな原稿持ってくるし、あの、印刷屋じゃないよ、親に発注するなよ
自分で(1枚づつ手書きで)やりなよ、お前、子どもなんだから、、
今はパソコンで何でも出来るけれど、なんだか違う。

時代は変わるのである。

そのパソコン、最近ちょっと変。
今時珍しくなってきた機種 eMac なのだが。。
起動したがらない時があるので、そわそわとデータのバックアップを行う。

信じてるよ、まだ一緒に頑張ろうよ、お前、出来るって、まだいけるよ
古いなんて思っちゃいない、不便なんて思っちゃいない
遅い?そんなことこれっぽっちも思っちゃいないよ(汗) ほんとほんと
よし、いくよ!

心で念じながら再起動、電源ボタンに指をかけることが多い。
がんばれ!

[PR]
by red-globe | 2008-12-29 01:12 | 心境

Merry Christmas

f0107315_1124288.jpg


昨日車のエンジンをかけると
「メリークリスマス 12月24日です。」とナビが発声する。
国民行事、クリスマス。子供達にとってはサンタがプレゼントを運んできて
ケーキを囲む日。

親に何が欲しいとせがむ息子と、サンタにお願いの手紙を書く娘
そして、ハッピ・バースデと勘違いしている(間違いではないのだが…)おちびちゃん
みんな喜んでくれただろうか?

これを始めて3回目のクリスマス
毎年何となくアップしてきたケーキ画像
スポンジには米粉が入っていて抹茶クリーム仕立ての
今年のケーキは手作りだった。

f0107315_11342885.jpg


さあ、次、年賀状作らなきゃ、、の年末である。
[PR]
by red-globe | 2008-12-25 11:39 | 物件

Favorites

ちっちゃいほうの息子の Favorites
今風にいうなら、マスト・アイテムはこちら。
お風呂から上がって着替えさせようと思うと、はだかんぼのその手中に
すでにぎゅっと握られている。
だがお風呂につれて入ることはない。
なぜならそれは清掃車だから。

f0107315_2372216.jpg

(ちなみに背景にあるガーガーもお気に入りである。)

みてのとおり、すでに年期が入っているのは
清掃車のリアリティを求めたからではなく、これはお下がりだからである。
何処かのバザーで、まねっこのお金で
自ら選び買ってきたから思い入れも並大抵ではない。
バスやトラック、消防車、パトカーより、
何よりもパッカー車が好きな理由は、正直よく解らない。
思うに毎朝幼稚園に行く姉のお供で、しばしば出会っていたからかもしれない。

そう、そしてもうひとつ
f0107315_23171636.jpg


ちいさなゴミをみつけると、ちゃっかり積み込んであって
勝手に出して捨てたりすると怒るのである。
やるねえ

昔のトミカの方が、ディティールがしっかりしていて私もタイプである。
塗装がはげてきた頃に、その違いが歴然とでる気がする。
[PR]
by red-globe | 2008-12-19 23:22 | 物件

枯木又模型完成

f0107315_1555054.jpg


枯木又プロジェクトの続報、分校の1/50模型が完成した。
図面を探して頂いたのだが、さすがに44年も前の図面は見あたらず
実寸と画像を手がかりに再現した。
当初は先月末に現地で行ったプラン説明に間に合わす予定が
大幅に遅れてしまった。
ただ模型の必要性は説明のためではなく、これが作品の一部となる。
作品のマケットとなり実際には1/5で制作の予定。
模型にするといろんなことが解る。
実際にはどれくらいの材料が必要か?その手順はどうなるか?などである。

f0107315_1643588.jpg


マニア目線の画像(笑)
さらに実物画像と比べたくなるのが通。
この模型でもう一つ、重要なことが解った。
1/5では少し小さすぎるのである。
1/4に変更。この模型の12.5倍で制作をする。

困難山積み、でも期待大。
[PR]
by red-globe | 2008-12-14 16:08 | 制作

ONOCHORD

先日のオノヨーコのレクチャーでは彼女の作品紹介もあった。
一番新しい現在取り組んでいる作品、ONOCHORD という。
カードとペンライトが配られた。

f0107315_0412090.jpg


このペンライトを使ってメッセージを送りましょう、というもの。
メッセージは "I Love You"
ライトを i ii iii  と点灯させることで "I Love You" を伝えようというもの

言葉で伝えることも大切だが、言葉意外の方法で意志を発信する
言語に頼らなければ国境も容易く越えられるだろう。
光を使えば、遠くまで送ることが出来るだろう。
一人一人の力は弱くても、多くの心を合わせれば強いものになるだろう。
そんなコンセプトをとてもユニークな方法で作品にしている。

このライトでなくても、懐中電灯でも、ライターでも、ヘッドライトでも出来る。
メッセージは チカッ・チカチカッ・チカチカチカッ で
I Love You である。
オノコード、受けたひとは同じように答えて見よう I Love You

f0107315_0593963.jpg


私は早速やってみようと思う。山の上で宇宙に向けて。
なんだか普段なかなか云えないこと云えるみたいで
いいよね。
[PR]
by red-globe | 2008-12-13 01:02 | 作品

今日はほんと、泣けた

f0107315_825149.jpg


本日、大学の40周年記念イベントでオノヨーコが来学し
パフォーマンスとレクチャーが行われた。
80年代生まれの学生達に、彼女がどんな人か紹介するのは
ちょっとした歴史の時間になってしまうが
1980年12月 ジョン・レノンが暗殺されたとき高校生だった私には、
そのニュースはあまりにもショッキングで、悪夢ではないかと疑い
自由と平和を求め行動する人が、黒くもやもやした感情に
殺されてしまった現実世界にやり場のない怒りを覚えた。

多くの人がそうであるように、始めて彼女を知ったのはジョンを通してである。
それから、アートを目指し表現について考えだしたとき
オノヨーコを再認識する。偉大なアーティストであると。

オノヨーコのテーマは「Love & Peace」愛と平和(一般的には)であるが、
私が最も影響を受けたのは、作品の中で度々引用される
想像すること、そして願うことである。
思い悩んだ時に何度も助けられたことがある。

そして今日、直に強い意志を聞くことが出来た。
レクチャーは彼女らしく学生からの質疑応答のかたちで進められた。
ひとつひとつ、丁寧に的確に答えていく。

自信を持って行動しなさい、例え誰も気づいてくれなくても
必ず伝わるということ、きっといつか変わるということ。
自らが酷く落ち込んだときには、誰かに電話しなさい。
相談するのではなく、相手を勇気づけてあげなさい。
そうすると自分はきっと変われるということ。

強く偉大である、泣けた。
ありがとう。
[PR]
by red-globe | 2008-12-10 23:39 | 心境

O系

確かこのタイトルは以前使ったことがあるような、、
新幹線0系がいよいよ無くなる。そのスペシャルサイトをJRが作っている。
JRの回し者ではないが、ノスタルジックで思わず泣けてくる。
いや泣いたりしないが、やっぱり同い年でこのさきっちょのかたち
流線型が未来の超特急で格好良かった。
44年間ありがとう なんてコピーは親友が逝ってしまったようで寂しいが
なんだか、いいよ。ここ。

始めのフラッシュなんだけど画質がアナロジックで
子どもがいっぱい乗車している、今では想像出来ない新幹線。
やっぱり子どもが未来と経済と国の発展を担っている。

なんていうと古くさいかもしれないが、
最近のギクシャクして隙間風ばかりの日本の将来は怪しい。
[PR]
by red-globe | 2008-12-08 23:43 | 心境

捜し物

何処に行ったのか解らないまま一週間過ぎると
記憶も曖昧になるし、らしいところも一通り探して見つからないと
もう捜し物ではなくて無くした物のようになってしまう。
見つからない、、それだけで不安になって一時も頭から離れないと
それはそれで自分は小さな人間のような気にもなってくる。

忘れた頃に見つかる、、なんてほのかな希望をもってみても
案外それが後で見つかった、ラッキー!なんて記憶もあまりない。
そう思うと捜し物には旬もあり、見つからないと時効もあり
出てきたときには失った時ほど重要ではなく
すでに代用品がその座を占めていたりする。
それが一週間。

探していた腕時計が見つかった。

f0107315_1334459.jpg

[PR]
by red-globe | 2008-12-02 13:04 | 心境