RED GLOBE

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

枯木又 公開中

f0107315_14273556.jpg


作品完成しました。予定通り25日プレ 26日より公開中です。
制作が終わって、ぼーっと燃え尽きていたわけではなく
帰ってくると留守中の業務が、、、
さくっとこなせずあたふたしていました。
やっぱり疲れていたのかな?夢見心地の毎日

枯木又プロジェクトとしては
まだ公開制作中の作品や、イベントもあり
この夏幾度となく足を運ぶ予定です。
運良く出会える人には、出会えたことを感謝して
入れ違いの人には、じっくり浸って頂きたい枯木又です。

大地の芸術祭は関西方面からだとちょこっと遠い道のりですが
今やその規模国内最大級のアートイベント
リピーターも十分満足して頂ける質量のアート満載です。

都会の喧噪を放れ、空気、空、自然満喫
是非体験して下さい。

f0107315_14325022.jpg

オープニングの様子です。
[PR]
by red-globe | 2009-07-31 14:36 | 制作

今日 明日 あさって

日にちは変わっているから
あさっては25日、枯木又プレオープンの日
こちらに長いこと滞在すると、新聞読まない、TV観ない、ネットちょっとだけ
食う、創る、飲む、話す、寝る
日にちの感覚もなければ、日常の殺伐もない
自由で一目散で目一杯で情熱的な生き方がある。
それをしっかり感じられる。

f0107315_0363979.jpg


昨日は作品についに屋根がかかって
俄然らしくなってきた。

楽しみ、じっとできない。
夜更けに覗きに行きたくなる。
[PR]
by red-globe | 2009-07-23 00:39 | 制作

昨日の天気は

f0107315_0494589.jpg


枯木又の昨日の天気は晴れ、快晴
17日の夜着いてから、ずっと雨で出来なかったことがある。
それが昨日ようやく出来た。
それで今日も雨だった。雨続き。

ちょっと緊張気味で、足ガクガクでやった作業
それは分校の屋根修理だった。
豪雪地帯の屋根、最近は落雪する傾斜の設計が多いが
ここの分校は雪止めの付いた除雪作業を必要とする屋根
冬の重みに耐えこらえた、その屋根の傷みは激しく、雨漏りがしていた。
そこで、修理である。

f0107315_14887.jpg


地元に愛されていた存在は今も変わらず
この夏我々が使いたい、、ならば、、、と休日返上で集まって頂いた。
ありがたい。。当然お手伝い。

分校の大屋根は、夏の日差しを照り返し
久々のお色直しに満足げだった。
[PR]
by red-globe | 2009-07-22 01:09 | 制作

ちょっと前の完成

そうです、枯木又フライヤー出来ました。

僕たちは立体派、肉体派、汗かきアウトドア派です。
それは学内でもよくよく感じること
普段の授業は教室とはいえ、四季を感じる環境です。
なんていうと風情がありますが、夏暑く、冬寒い、何とも過酷な毎日
そこに行くとデザインなんで今の季節全館冷房で
「なんなんだよ。」ちょっとひがみっぽくなりますが
(前置き長いですが)
そんな繊細なグラフィック・デザインのNさんに、作って頂いたのが
これです。

f0107315_2282327.jpg


さすがいい出来映え、最高にポップで明るくて
僕らには到底真似出来ません。
だって、僕たちは立体派、肉体派、汗かきアウトドア派
だから、夏は得意です。
しかも、枯木又は大地の芸術祭
まかせなさい。

実は3日前から現地入りしています。
最後の追い込み、疲れてバタン、、キューの毎日です。
こちらのネット環境が整ったので初アップ!
みんな元気?こっちはいいよ、水が冷たくて
仕事からちょっと解放されて充実しています。

[PR]
by red-globe | 2009-07-21 02:35 | 制作

梅雨時の

f0107315_21594460.jpg


最近制作と業務が込んでいて一日が短い。

今日から息子が修学旅行に出掛ける。
駅に向かう道すがら
「なんでこんな時期に、修学旅行するんだろう?」
と、訊ねられて
「安いからじゃない?」
と答えた大人の感覚が自分で恥ずかしかった。

「雨だっていい思い出になるんじゃない?」
とか、云うべきだったかも

それも本心。
[PR]
by red-globe | 2009-07-08 22:04 | 情景

ゲンゴロウ

以前書いた記事、サンチャンで、
枯木又で迎えてくれた湯飲みの話を書いたが
先日訪れた同じ場所で、湯飲みではなくグラスの中から
ゲンゴロウが迎えてくれた。

f0107315_1222331.jpg


この虫、名前も虫らしくなく図鑑では主役級だが
本物は始めてかもしれない、、というほど珍しい。
田を含め環境の変化に減ってしまった貴重種である。
枯木又の自然環境はさすが!である。

夜間、光に集まる虫を観察するライトトラップに
一番に飛んできたのだという。
ライトトラップを成功させるには?
虫を集めるには秘訣がある。

それは辺りが暗いこと、街灯がないこと、ひらけていること。
枯木又には漆黒の闇がある。
明かりを消した部屋が暗いのではなく
外が暗い、夜が暗いのである。
夜道に目を見開いて歩いても真っ暗で、
目が慣れてきても足元の白線が行く先2mくらいしか見えない闇
そこを歩く、それもまた魅力である。

夜は暗くなきゃいけない、
なんて誰も思わなくなっている都市には
もうない最高の贅沢である。
[PR]
by red-globe | 2009-07-02 12:23 | 物件