RED GLOBE

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

仕事休みの仕事

年賀状はすみましたか?
年の瀬で大学は一斉休暇中、学生も、教員も、職員も登校しない。
学生に至っては登校禁止となっている。
がらんとした中、毎日制作中。
私は一応断りを入れて制作させて頂いている。

年末も正月も休みなし
年明け早々個展のため、制作に励んでいるのだが
実はこういう年末は初めてではない。
普段は仕事を優先すると、当然制作は休みの間しかできないから
いつからかこういうスタイルになってしまった。
そう思うと、まとまって休んだことがない。

計画だと明日もう片面やって
明後日、屋根作って
明明後日、屋根に板を貼って
次の日彩色して、、
第一部の完成は4日か?

この明日というのが12月31日
明後日は元旦、、年越しの制作である。
ふつうこういう計画は立てない

うーん、きついな。。
f0107315_21473762.jpg


第一部というからには、第二部もあるんだけど、、
やっぱりきつい。
[PR]
by red-globe | 2009-12-30 21:52 | 制作

Merry X'mas

f0107315_18373437.jpg


今年のクリスマスの出来事
毎年ケーキの上にのっている飾りを3人の子供達が取り合いになる。
一番下は開口一番に「チョコー」と叫んだ。
上2人が同時に「サンタ!」である。下に気を使ったのか?
だから、第一志望通り一番下がチョコの銘板ゲット
後がもめる。
そこで、
「サンタ」か「雪だるま+トナカイ+プレゼントのセット」
どちらがいい?でなんとか決まった。
「サンタ」オンリーはやや分が悪い気がしたが、仕方なく
それでも第一希望を叶えたのは一番上だった。
質より量?となったのが真ん中
一番要領よく勝ち取ったのが一番下、、ということか、ちゃっかり者である。
賑やかなクリスマスだった。
[PR]
by red-globe | 2009-12-24 18:47 | 情景

ご時世

ボーナスシーズンでもあり、ワイドショー観るのが辛い。
「今年のボーナスは?」
下向きの矢印のボードをカメラに向けるサラリーマン [-20%減]
そんなつもりであくせく働いてきた訳じゃなのに受け入れざるを得ない現実
悲壮。

もったいない主義で最近ネット・オークションを眺めることが多い。
趣味性の高いものはちゃんと競っているし、より良いものを求めている
趣味は景気と無縁だと思う。
逆に、衣類、雑貨類は少しでも高いと、全く引き合いがなくすきま風が吹いている。
(少しでも安く)落とせるところにはシビアである。
景気の動向が垣間見られる感じ、そんなご時世である。

そんななかで、ちゃんと就職を選んできた学生は
つくづく偉いと思う。
お金は現実的でつまらないものではなく、未来への希望と夢を繋ぐ糧
そして、お金で買えないものは何か?考えて欲しいと思う。
モノが売れないと不況になるのが資本主義の原理
でも、育てるとか、産み出すことを評価しないと、人として生きる意味がない。
縄文時代のように。
何も売らなくても生きられた時代を
今より文明が低く、原始的だと卑下出来ない むしろ人間的。

たとえ初任給が気持ちに合わなくても
そこから階段を上がるように一歩づつ進んでいければ本望
下から上を目指す方が、上から落ちて行くより遙かにいい。
それすら危うい平行線なら、もうこんな国に見切りをつけなきゃ
人生いくらあっても足りない。
今ならまだ間に合う、どう生きようかな?

f0107315_23311765.jpg

画像は鞍馬寺山門
この「寺」の字が、「大入」や「大人」に見えてならない
「寺」はそういう意味じゃないよね?

[PR]
by red-globe | 2009-12-14 23:43 | 心境

12月だというのに

今日は冷え込んだが、それでも12月とは思えない気候
紅葉も長持ちしているし、これだけ暖かいと師走の気分になれない。

そのせいか、例年になく学生の動きも遅い、、気がする。
卒業制作だとか、進級制作だとか
工房が込み出す時期に運悪く(というか、甘い計画で)
個展の制作が重なっている。
そして、こちらもスローペースでなかなか作れないでいた。

理由の一つは、夏の越後妻有、枯木又プロジェクトの未消化である。
自分の作品発表のスタイルはギャラリーの個展が多い。
だから、作品展示と向き合うのは1週間から2週間
14日間そこで眺め、感じ、次への構想を想う
だから、良くても悪くても後味は悪くない、消化がいい。
ところがこの夏は50日間+秋版の52日間
もう、お腹いっぱい味わってしまった。

何度行ったことか、そして撤収を春まで先延ばしにしたから
作品はまだあそこにある。
これが常設だとか、恒久的な作品なら別の安心感があるが、
まだ終わっていないことの不安定がつきまとう。

そりゃもたれる、そのはずである。

なんとか次、制作を開始したら
思ったよりサクサクと進んでいる。
悩むより動け、反省より行動である。

f0107315_1201814.jpg

画像はいつかの琵琶湖畔、秋だろうか?
[PR]
by red-globe | 2009-12-08 01:24 | 心境