RED GLOBE

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シンメトリー

地上の規則性
それは左右対称だったり、絶妙なバランスだったり
里山に入ってそんなことに夢中になってしまった週末。

今年も枯木又に行ってきた。
見飽きることのない均整
美しい。

f0107315_10341929.jpg


f0107315_10343941.jpg


f0107315_10352158.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-05-24 10:36 | 情景

砂の城

f0107315_7103759.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-05-18 07:10 | 情景

興隆期

つい先日、先週は海にいたのに
それが、遙か彼方のように
もう一年前のことのように思える。
これは、歳月が経つのが早い、、ということではなく
逆に時間以上に物事が次々繰り広げられている
ということなんだろう。

それか痴呆が始まっていて、つい今し方のことを忘れ、
十年前のことと区別なく甦っているのかもしれない。

二十歳の時の十年前は十歳で
それが、今と混同するなんてことはまずない。
興味も知識も感情も、かなりかけ離れていて
その間に、身体的、肉体的、精神的成長があるはずで
そう簡単に混ざることはないだろう。
無理に例えるなら、カエルとオタマジャクシ
ひよこと鶏、毛虫と蝶のように
その世界を取り違えることはない。
なのに今、四十代のわたしは二十年前のことでも昨日のことでも
同じように思い出したりする。
逆に忘れることも出来る。

今、時間と記憶が同じ年表にうまく並ばないのは
一体どうなっているんだろう?

物事が起こり、盛んなことを興隆という。
似たようなことばで賑わい栄えることを繁栄という。
商売が繁盛している時、それはとにかく忙しい。
今は、そういう時なんだろうか?
それならいいのだけれど、空回りしていないだろうか?
カラカラと。

f0107315_1462211.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-05-11 01:59 | 心境

GWといえば、、

残すところあと一日、ゴールデン・ウイークをどのように過ごされましたか?

そもそも自由に生きたいと願ったその時から、
ひとがわんさか動き群れ集うこの時期
そしてお盆、正月には、もくもくと仕事に励みたい性分である。
しかし、最近そうでもなく人並みな休日を、人と同じような方向で過ごしている。
理由は、GWは家族の為にあるから
子ども達の休日にあわせると、自由な生き方のつもりでも
学校休ませて平日にのんきに、、という訳にはいかない。
どうしても、祝祭日に行事を遂行しなければならないのだ。

それで、それなら、やっぱり好きなキャンプに出掛けたい。
この連休天気に恵まれた。完璧な休日である。

出掛けたのは、海
しばらくぶりの丹後、何かと思い出深いここに行くと
本当に走馬燈のように、この20年の記憶を呼び起こす。
学生の頃何度も行き交った同じ場所に
まさか子どもを連れて来るなんて、あの頃に想像出来ただろうか?
みじんもない、こんなことになるとは。
ただ変わらない風景がそれを縁取るのである。深い。

f0107315_0242573.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-05-05 00:26 | 心境