RED GLOBE

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

心はカーヴを描いているか?

f0107315_22444845.jpg


空に浮かぶ弧は、夏を惜しむかのようで秋がそこまで来ている
…のか? 本当にまだまだ暑い

先日、鮎取りに誘われ初体験してきた。
釣りではない、漁というのが正しい、網を差して追い込むのである。
成果はまずまず、一昨年はおおよそ倍以上獲ったというから驚く
そして、網は川幅5〜6m、水深膝〜腰までなら最強である。
友釣りが技術を要する「口説き」なら、これはさしずめ「閉店セール」の売り尽くし口上
早朝の漁場の陣取りが命かもしれない。

血気付いて挑むのは、かつての(40年前の)少年ばかり、
そのかつてを取り除き少年になって川にたむろするのだ。
そこがやけに怖いところ、入漁券もそれなりに立派な値段だから
理由も解るところ。
貢ぎこんでいるから炎天下のパチンコさながら、でも、確かに面白い。
さらに、美味いと来ればやみつきになるんだろう。

f0107315_2332810.jpg


ごちそうさま、でした。
[PR]
by red-globe | 2010-08-31 23:08 | 心境

f0107315_9203246.jpg


壺といってもいいものか、展示中の作品は「欲心壺」
人には欲があり、欲が向上心になることもあれば、仇となることもある。
欲はあまりきれいなことではなく、
慎ましやかに、献身的に生きることが美徳とされ
欲は戒めの対象となることが多いので、、あえて欲

この生きる上での裏事情みたいなのと
壺の形は実にシックリくると思う。
のだが、、、どうだろう?
[PR]
by red-globe | 2010-08-26 09:43 | 作品

明日から、展覧会

珍しくグループ展に出品する。これ、なんと読めばいいのか?
「美 京都 なかむら」か「京都 美 なかむら」か?
何気なく誘われて、さりげなく受けてしまったので
こんなタイトルとは先日までつゆ知らず
案内状を頂いて、若干引いてしまった。

この画廊、なかむらは
いつもちょっと偉い先生が名を連ねているし
隣で骨董品も扱っているから、敷居が高い。気がしていて
ただ覗くのは場違いな気もしてしまうが
逆に無駄なトークなしですっきりみられるから返って気持ちもいい。

f0107315_22312684.jpg


最近つくづく自分は彫刻をやっていると自負している。
それで上手く作るのではなく、ここという決め所、みたいなことを
とても大事にしている。
始めにコンセプトありきなのだが、それはどうしてもという程のことではなく
あえてこうでしょ、こうあるべきでしょ、という
ストレートよりズレのようなことを考えている。
ひねっている?そう
もともと、少しひねているから仕方ない。
でも、とても素直でシンプルな感情

今回はわりと小さい入魂の作品二点を据え置いて来たので
是非みて欲しい。
一つは会場の真ん中、もう一つは階段を上がりきったところのウィンドウ内
同じ空間ではない、二点の距離が微妙だし
見ようによっては同じ作者とは思えないほど、素材やテクニックの同一性も稀薄
でも、私の中ではストーリーがある。

期間もながいので、三条近辺に行ったときには
是非覗いて欲しい。
[PR]
by red-globe | 2010-08-23 22:42 | 制作

最近の話

TV がデジタルになる、今の放送は来年には見られなくなるという。
消費を伴う、テレビの歴史上始まって以来の愚行だと思う
この話題、、最近でもないけれど

うちは今の住まいになって、電波状況がかんばしくなくテレビはケーブルで視聴していた。
ネットとセットになっていたものの、毎月¥6,000からの出費は
どうも納得できないでいた。
しかも、このままで(デジタル契約に切り替えると)実質値上げになってしまう。
こんなシステム、ケーブル会社の策略みたいで、さらに納得できない。
この際、そう、デジタルとかいうのに変わるなら、アンテナ立てて
ケーブル解約にしたい。
そう思っていた矢先、このケーブル会社の地上波は、
他に先駆けてこの8月末で打ち切られる。

やっぱり、こういう会社は断じて信用おけない。
理由はともかく、ケーブルで、有料で、継続して
ならばその利便を図ってしかるべき
そもそも有料だったんだから。

そして、その事態
今のところ何の準備も出来ていないから
我が家にテレビのない時代が、もうすぐ訪れる。
ま、いいか、、
でも子ども達、怒るだろうな。

f0107315_2240627.jpg


ところで、木切れで作品作るって云ってたタマちゃん
できたかな(これは枯木又の話)
[PR]
by red-globe | 2010-08-17 22:43 | 心境

棚田の龍王様

f0107315_235417100.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-08-15 23:54 | 情景

事後報告

上賀茂神社で行われていた「上賀茂神社アートプロジェクト」が本日終了

最終日に家族で回ったが、10日あまりの会期中に
跡形もなく消えてしまった作品や
無残な状態のものもいくつかあった。
作品が気高く崇高なものであると、
こういった地域性のある展覧会ではうまく馴染まない。
休日は地域の子ども達の遊び場だし、作品も遊具のようになっている。
触れてはいけない、眺めるだけの代物では邪魔なだけである。
壊されても本望だと割り切って付き合う必要がありそうだ。

なのに、怪我をさせたり、事故があったり、見苦しくなってしまうと
責任や管理体制を問われてしまう。
そんな大事がなかったのは幸いであったが、複雑な心境である。

できるだけゆるく、されど凛として最後まで残ったものが本物なのか?
作品の隣でポーズをとり記念撮影されていたりすると
ああ、よかったね、、と思う。

撮影禁止、、じつはこれもアートの世の常
今時それではアートは浸透していかない。

明日、朝から搬出である。

f0107315_143174.jpg

[PR]
by red-globe | 2010-08-09 01:45 | 作品