RED GLOBE

「はざ」って知ってる?

f0107315_22375224.jpg


あまり聞き慣れない言葉、はざ。
刈り取った作物を乾燥させるために掛けておくもの。
一昔前までは農村でごく当たり前に見かけた光景だったが
今はほとんど見かけない。
私の育ったあたりでは、稲刈りの終わった田んぼに横一列に
布団を干すように掛けてあったっけ。

はざ掛けにも地域性があって、新潟の山間部である枯木又では
杉の木を支柱に見立てて、その間に縄を張るスタイル。
そして高さがある。

美しい。

木の下に干すには理由がある。
雨をしのぎ、高いところでは風当たりもいいし、動物に食われることを防ぐ。
逆さにした刈り口の部分に、上に掛けたものが重なり傘の役割になり
雨が降ったときにでも好都合だとか。

コンバインで刈るとはざは使わない。
合理化するといやおなしに秋の風景も変わってしまうわけだ。
はざももはや歴史遺産的光景なのか
心境複雑である。
[PR]
# by red-globe | 2011-11-11 23:04 | 情景

あの蕎麦はどうなったのか?

枯木又で育てているあの蕎麦畑はどうなったのか?報告しておきたい。
順調に生育した蕎麦は先週刈り頃となってご覧の通り、
茶色く姿を変えいよいよ収穫を迎えた。

f0107315_21424217.jpg


所詮、百姓の真似事をさせて頂いてる身、どう刈るか、その後どう干すか、その後は?
情けないほど解っていないので、地元集落の方に丁寧にご指導頂く。
鎌は引くだけでなく、同時に握った茎を押すように、そうすると上手く刈れる。
その後ではざに掛けて干すために藁で束ねる。
作業は難しいかと問われれば、さほどでもないし
やればやるほど上手くなっていく。
実感としては、やっかいな作業というのだろうか
腰をかがめて延々刈り取っていくのは、人手がなければとても辛い仕事である。

穂先のわずかばかりの種子を丹念にかき集めていくのは
気が遠くなるような作業で、収量が上がらなければ苦労は報われない。
買えば粉でキロ幾らとか、簡単に考えてしまえるものを
どこかで、これしきのためにここまでやるのか?なんて雑念が頭の中を過ぎる。

プロの眼からみれば、生育は今ひとつでこの3倍は収穫したいとのこと
肥料、天候に左右されるということは、苦労も報われないことがあって当然の世界。
厳しい。
しかし、ノウハウがあり、人智があり、随所に工夫が感じられる
自然相手に生きた心地のする、生身の仕事だと感じた。

さて、どれ程になるのかな?

そういえば、
[PR]
# by red-globe | 2011-11-09 19:52 | 心境

新車のようなビートル

f0107315_2236625.jpg


先日、とあるコインパーキングで出会った車。
誰のものなのかわからないが、美しい。
そして懐かしい。

自動車は機械であり、道具であり、年々進歩しているもの。
余程思い入れと覚悟がないと、自転車以上に厄介であるはず。
やるなあ。
尊敬に値する。

ところで
[PR]
# by red-globe | 2011-10-26 22:37 | 物件

国際交流

f0107315_22341083.jpg


息子の中学でタイとの交流会があった。
タイから一人の中学生が2日間ホームステイした。

中学生である。タイ人、日本人が拙い英語で交流する。
しかも短い2日間
それは会話のうえでは困難を極めることで、意思の疎通はままならない。
ただ唯一気にかけることは
食事を食べてくれるかどうか?である。

何が食べたいか?何が好きか?
少ない知識のなかで思い起こされる、私達が知るタイ料理は
日本食とは程遠い味覚である。
若い彼には、箸を使うことも苦痛だったに違いない。
そんななかでのキーワードは、米だった。
米は良く食べてくれた。
彼は米食が好きで、それはアジアの繋がりを意識させるものだった。

シャイな少年は、はにかみながら明日帰国する。
遠くて近い家族、ファミリー、またいつでもおいで。

しかし、うちの息子も大きくなったもんだ。
外見も中身も、やや成長。
[PR]
# by red-globe | 2011-10-19 22:34 | 心境

スペースシャトルの引退後、まさかの…

確か、今年6月に引退したはずのスペースシャトルを
連休の滋賀県高島で発見した。
ちゃんとNASAって、United States って書いてあるし

f0107315_22134653.jpg


もう飛行に疲れたのかゆるキャラになって、無料で子ども達を乗せていた。
これって本物やんな?
な!(笑)

夢を乗せて走れ!
[PR]
# by red-globe | 2011-09-25 22:21 | 物件

OB展開催、出品中

展覧会のご案内です。
U.S.E 4 Uryuyama.Sculptors.Exhibition
9月20日(火)ー10月2日(日) 12:00-19:00 月曜休廊

京都 ギャラリーマロニエにて開催中です。

京都造形芸術大学の彫刻コース、OB展に出品しています。
といっても、私はOBではなく非常勤講師で長年お世話になっていました。
それももう6年前の話、小さな街の狭い業界のご縁は
すぐに何処かで、必ず繋がっています。

お近くにお越しの際は、是非ご高覧下さい。

f0107315_12341970.jpg


怪しげな蛸が「鍵」の上で、お待ちしています。
[PR]
# by red-globe | 2011-09-22 12:36 | 制作

先週末の枯木又は

f0107315_2225223.jpg


この広がる白い花畑は何の花かご存じ?
蕎麦です、美しい。

蕎麦は8月下旬に蒔いて、11月初旬に収穫するということ
乾燥地の方がいいこと、むしろ水にはめっぽう弱い植物であること
こと、種まきに雨は禁物であり、蒔いた後に水はまかないこと
食べることが好きでも、今まで実際何も知らなかったことを学んだ。
学ぶと言うことは、教わることではない。
知るというのは、見聞きすることではない。
経験
といっても、まだ1回目、まだ何も解っていない。

収穫が楽しみなのと同時に
この台風の影響が気がかりでならない。

f0107315_22344013.jpg

[PR]
# by red-globe | 2011-09-21 22:38 | 心境